​BIOGRAPHY

堀米綾
​堀米 綾 
Aya Horigome

 

 

東京都出身。11歳よりハープをはじめる。

東京藝術大学附属音楽高校を経て、東京藝術大学器楽科ハープ専攻卒業。 

2002年同声会新人賞を受賞。 

ハープを辻史子、桑島すみれ、木村茉莉、マリア・グラツィアコンソリ、各氏に師事。

大学在学中、イタリア/シエナ・キジアーナ音楽院夏期マスタークラスを修了。 

 2007年Jazz Pop Harpfestival(ソルトレイク)を転機に、自由なパフォーマンスを追求しようと決意。

以後、クラシックを軸にしながらも様々なアーティストと積極的に共演を重ねていく。

現在、グランドハープで「菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール」「code M」

ケルティックハープで、ピアニスト林正樹氏率いる「間を奏でる」

オカリナと小型ハープ2台による「ゴシキヒワ」「Rosco Motion Orchestra」等に在籍。 

これらのユニットや、オーケストラ等で全国各地で演奏、複数のアルバムをリリースしている。  

2005年クラリネット桜井真里氏とのデュオ CD「Berceuse」を発表。

またサクソフォーン江川良子氏、二十五絃箏 中井智弥氏とのDUOシリーズを継続して開催している。 

レコーディング分野での活動も多く、NHK大河ドラマ「八重の桜」「紅白歌合戦 2013,2019 」

NHKドラマ「ロンググッドバイ」「チェイス国税調査官」「とっとテレビ」「岸辺露伴は動かない」

連続テレビ小説「おちょやん」、映画「天気の子」、映画「翔んで埼玉」出演、

映画「コンフィデンスマンjp」他、多岐にわたる。

チェリスト溝口肇氏のベスト盤「the origin of HAJIME MIZOGUCHI」では

「世界の車窓から」Vc×Hpのデュオで収録。

野田洋次郎氏(RADWIMPS)のソロアルバム「p.y.l」では、ハープアレンジと演奏を担当。