top of page
  • 執筆者の写真堀米綾

庭の話2


先日の、100年前の庭池の話のつづき。

(美しくない写真で失礼します…)


先日あげた写真は、生えていた水草(コウホネ)を半分以上、間引いた後の状態でした。

その後、さらに間引いて3株のみ残し、

根っこの泥を落とし、

池底に溜まった泥を掻き出す。

枯れ葉やら根やら泥やら、いくらすくってもキリがない。。

まだ残っているけど、池底に石やらブロックやらが沈めてあるのがわかり、これ以上は自分には作業不可能と判断。

諦めて牡蠣殻を投入して、phを調整。

先程ヒメタニシを十匹ほど投入して、様子を見ています。


ヒメタニシたち、どうにか生き延びて水を浄化してね!頼んだよー><


それにしても、水を抜くのが困難は池の場合、溜まっていく枯れ葉や泥は、どうしたらいいんだろうか。。。

これでは、メダカを飼うのは難しそうだ。。



閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

本厚木ハープ教室、生徒募集開始しました。

神奈川県厚木市のハープ教室で生徒募集を開始いたします。 体験レッスンで実際にハープを弾いていただき、レッスンの雰囲気を感じてみてください。 2024年3月いっぱいまで、体験レッスン料を半額の1000円にて承ります。 楽器未経験でも楽譜が読めなくても大丈夫! 丁寧に楽しく指導いたします。 ハープは身体で楽器を抱えて演奏するため、音の響きを全身で感じられます。 楽しい時も悲しい時も、気持ちに寄り添って

bottom of page