• 堀米綾

アンサンブル東風 第21回定期演奏会


「アンサンブル東風」 第21回定期演奏会 2020年2月6日(木) 17:30開場 18:30開演 旧東京音楽学校奏楽堂 前売り3000円 当日券3500円 

作曲家松下功の業績を辿る、松下功アーカイブプロジェクトの第1弾。 ハープの出番は、エアスコープ(fl.hp)、五蘊(独奏チェロと室内楽の為の)です。 個人的におっさんずラブからの切り替えがなかなか難しいけど(笑) 、弾き込むほどに惹き込まれる作品です。 プログラムノートより 「息は風となり、流れとなる。 流れとなった ”Air” は空間へと浮遊する音となり、空間はその流れにより “Scope” (範囲、広がり、視野、等)を無限なものへと広げる。 フルート、ハープの2人の奏者のかわす流れは “Airscope” を形成し、風の中へと広がっていく。」 ご興味のある方がいらしたら、ご予約は私までメッセージをお願いします。 


24回の閲覧

最新記事

すべて表示

YouTube動画更新

ハープソロで人気のある 「ひき潮」byRobert Maxwell 昨年のコンサート映像をYouTubeにUPしました。 よかったらご覧ください〜。 https://youtu.be/lKhMTqjuR2w

草加国際ハープフェスティバル

草加国際ハープフェスティバル、中井智弥さんとの共演が終了しました。 お聴きくださった皆様、関係者の皆様、ありがとうございました✨ 中井智弥さんとのDUOは今年で9年目になります。 中学生の頃から通っている草加の舞台に、こうして自分達で開拓してきたアンサンブルで立てたことが、とても嬉しかった。 また課題も見えたので、これからもそれぞれの楽器が生きる音作りを探求していこうと思います。 中井くん、ありが

ハープ奏者 堀米綾 オフィシャルサイト© Ayahorigome