• 堀米綾

余韻嫋々


昨日の「余韻嫋々 アンサンブル東風第20回定期演奏会

松下功追悼演奏会」

ご来場くださいました皆様、ご協力くださいました皆々様に、心から御礼申し上げます。

まだ余韻の中にいます。

プログラム最後の「飛天遊」は客席で聴きました。

林英哲さんの和太鼓ソロ、先生蘇っちゃうんじゃないかと思うほど(笑)、心にくるものがありました。

英哲さん、ありがとうございました。

今回、イスラエルから駆け付けてくださったショルト ナジ氏の指揮によって、アンサンブルがより立体的に、色鮮やかになったように思います。細かく繊細なアドバイスに感謝します。

アンサンブル東風は、これからも活動を続けてまいります。

先生の志を引き継いで、皆でワイワイ楽しみながら、面白いことをやっていきたいです。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


29回の閲覧

ハープ奏者 堀米綾 オフィシャルサイト© Ayahorigome