top of page
  • 執筆者の写真堀米綾

トルンandアイリッシュハープ


先日、トルンの小栗久美子さん、Vn森川拓哉さんとのリハーサル風景。

ベトナムの民族楽器トルンには、グランドよりもアイリッシュハープが合う。

音色も見た目も。

ケルティックからオリジナルまで、アレンジを考えながらのリハ。

器用な森川さんは、ヴァイオリン、ピアノ、フィドル一人三役を弾きこなします!

そして何よりも印象的だったのが、久美子さんの娘さん(3歳)が

三人のセッションにタンバリンで乱入してきて、

それが天才的にうまくてびっくり!笑笑

いやー自由で楽しいプログラムになりそうです!

次のリハも楽しみです。


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

本厚木ハープ教室、生徒募集開始しました。

神奈川県厚木市のハープ教室で生徒募集を開始いたします。 体験レッスンで実際にハープを弾いていただき、レッスンの雰囲気を感じてみてください。 2024年3月いっぱいまで、体験レッスン料を半額の1000円にて承ります。 楽器未経験でも楽譜が読めなくても大丈夫! 丁寧に楽しく指導いたします。 ハープは身体で楽器を抱えて演奏するため、音の響きを全身で感じられます。 楽しい時も悲しい時も、気持ちに寄り添って

bottom of page